医療器具

様々な治療方法を提案してくれる歯医者に通いましょう

歯磨きの大切さ

歯科

豊橋にある歯科では、小さな子供の歯を守る為の予防治療も行なっています。子供の歯は、生後半年以降から生え始め、12歳ごろになるまでには全ての歯が永久歯に生え変わります。この時期が一番大切な時期といっても過言ではありません。この時期に虫歯になってしまうと、乳歯の下にある永久歯に虫歯菌が移ってしまい、新しく生えてくる歯も虫歯になるリスクが高くなるからです。

そういった事を未然に防ぐためにも、豊橋の歯科では月に一度の定期検診を推奨しています。定期検診で、歯の状態や歯茎の状態をチェックすることで虫歯の早期発見に繋げることができますし、磨き残しが多い場所などを教えてもらうことができます。毎日、歯磨きをしていても、きれいに磨けている人は少ないのです。なので、自分の見落としがちな部分を歯科医に教えてもらうことで、気をつけることができるでしょう。

定期検診以外でも、豊橋の歯科では子供向けの講習会を開いているので、そこに親子で参加してみるのもいいかもしれません。歯磨きが苦手な子供にも、歯磨きの楽しさや大切さを紙芝居やアニメーションで教えてくれます。そうすることで、子供から歯磨きを進んで行なうようになり、定期検診などにも積極的に行くようになるでしょう。子供のうちから、歯磨きの大切さをしっかり勉強してもらい、虫歯を未然に防ぐことができます。豊橋の歯科では、虫歯予防の一環として、フッ素を歯の表面に塗って歯を強くする治療法もあるので試しに、近くの歯科に相談してみると良いでしょう。